ケータイ小説 野いちご

シュガースパイス

帰したくない…。


――翌日、夜。




今日は結菜との約束の日だ。
俺は結菜との待ち合わせ場所に向かっている。




けど確か今日は食事をするだけで、ベッドの中までは一緒にいられない。




俺は結菜の都合なんだから仕方ない、と気持ちを押し込めた。




「――結菜」




「翔」




待ち合わせ場所には既に結菜はいた。




「ごめん、待った?」




「いいえ。私もちょうど今来たとこよ。…それより、行きましょ?前に私が言ってた美味しい店。」



「あぁ、行こうか」




俺は結菜の腰に腕を回した。




こうして結菜といれる時が一番落ち着くな…。




癒されるっていうか…




「ねぇ翔…。最近疲れてるんじゃない?少し痩せた気がするわ」




結菜は心配そうに俺を見る。




優しいな、結菜は…。





< 62/ 90 >