ケータイ小説 野いちご

シュガースパイス

許されない恋の始まり


――…




「うぅ……ん」




カーテンの隙間から差す光が眩しくて、目を覚ました。




ふと隣を見ると…俺と同じく裸で寝ている結菜の姿。




そうか…
昨日、俺と結菜は…一線を越えたんだ。




昨夜のことが鮮明に蘇って、顔がほころぶ。




「…ん〜……しょ…う…?」




しばらく結菜を見つめていると、結菜が目を覚ました。




「おはよ。」




「お、おはよ…/////」




結菜は顔を真っ赤にして布団で顔を隠した。




「なんで隠すの?」




俺は悪戯っぽく言うと、布団を引き剥がした。




「ちょっ!翔!」




「いいじゃん。見せてよ…結菜の身体」




俺は結菜の首筋に舌を這わせながら、豊満な胸に手を伸ばす。




「だっ、だめよ!早く帰らないと真琴が帰ってきちゃう!」




………あ。




俺は思わず手を止めた。





< 23/ 90 >