ケータイ小説 野いちご

風神I

第一章
観客side in 屋上





観客side~in屋上~




風岡東高校の屋上、そこは限られたものしか入れない全校生徒の憧れの場所でもあっ
た。




別に誰かが決めたわけでもなく、それは暗黙の了解となっていた。




その屋上に、限られた男5人と女一人が思い思いの時間を過ごしていた。




一人は、屋上から見える景色をのんびり眺めていたり、




一人は、薄型のノートパソコンで調べものをしていたり、




一人は、屋上で堂々と横になり寝ていたり、




残りの三人は暇だ暇だと喚きながらも、トランプで盛り上がったのかギャハハと大声をだしなから遊んでいた。











< 15/ 380 >