ケータイ小説 野いちご

赤い狼 ♂男バナシ♂ 壱

♂男の頭の中♂
♂隼人の好きな〇〇&銀の好きな〇〇







―――――――――――
――――――――
―――




銀「はぁ…。次は……………隼人じゃん。うわぁー…マジ、憂鬱。誰か代われるなら代わって…。



…ん?でも、これは久し振りに隼人イジりができるチャンスかも!?よし、そうとなればイジりまくりますかぁ。」



「おぃ。何か言ったか。」



銀「あらヤダァ~!隼人さん、ご無沙汰してますぅ~。」



「…キショイ。」



銀「ヒドッ…!!(泣)何気、酷くねぇ?…まぁ、ぃぃけど。んじゃぁ、まずは自己紹介お願いしまぁーす!」



「…(うざい)えーと、
大狼 隼人
(おおがみ はやと)だ。…よろしく。」(以下、隼)



銀「今、ウザ。とか思ったでしょ。そんな顔してたよ。ふーんだ。ぃぃもん!」






< 13/ 29 >