ケータイ小説 野いちご

3人は学校の人気者

信じてるから!



放課後


「ほんとに一人で大丈夫?」


教室で女の子たちを待っている私に零くんは声をかける。


私は今日みんなに言おうと思って待っている。


「大丈夫だよ…たぶん…」


だ…大丈夫だよね…。


「オレたち、一応隠れて見てるけど何かあったらすぐ行くからね」


「うん」


大丈夫。


何も怖くない。


みんなに分かってもらうんだから!私たちは友達だって…。




< 53/ 121 >