ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

お嬢様の苦悩。

Ⅱ.そして小さな事件




春咲きの薔薇が、咲き誇っている。

恐らく、今日のために咲かせたのだろう。

薔薇のアーチをくぐってその先に出ると、薔薇の垣根に囲まれた美しい空間があった。




< 20/ 55 >