ケータイ小説 野いちご

俺の愛も絆も、全部お前にくれてやる。

桜、零枚目『蜂蜜色の髪』



月明かりだけが頼りの路地裏。座り込んでそんな世界を照らす月を見上げる。


だりぃ……。


目線を地面まで下げると息苦しそうにうずくまる不良の男3人。
帰宅途中、たまたま通った道がこいつらの自称縄張りだったらしく、殴りかかって来た。


たく、情けねェやつらだな。



「ケンカ売って来たのはお前らだっつーの……」



首に手を置いて頭を回す。
そして立ち上がり、歩き出した。



───シュボッ。



ポケットから出した煙草。
それにジッポのライターで火を点ける。


吐き出した煙は4月の空に消えた。


満開に咲く桜。
夜空がそれを幻想的に見せる。


今日はいつもより星が輝いてみえる。



――…そう、星を見ていた時だった。



< 1/ 345 >