ケータイ小説 野いちご

これからも君だけ


婚約




「ちょっと!どういうこと!?」




叫びまくる私にメイドさん達は気にする事もなく、



「お嬢様、とてもお綺麗ですわ」



私をワラワラと囲んでうっとり見つめてくる。



天井には巨大なズッシリとしたシャンデリア



無駄に広い部屋は洋風な家具たちが揃っている




鏡の前には私、


めいいっぱい着飾った私。








< 2/ 96 >