ケータイ小説 野いちご

歪みゲーム

歪みゲーム 第2ゲーム
新人






「ねぇアキラ、ユウ。第2ゲームって、どんなのだろうね」


私たちはロビーに向かっていた。


今日第2ゲームの説明が言われる。


私はいつもより清々しい朝を迎えた。


第2ゲームが楽しみだから。


「残り7人しかいないからなー。よく分からねぇな」


ユウは帽子を深く被りながら歩く。


彼の顔を見たことがあるのは私たちだけ。


ちょっと優越感。


「次のゲーム、俺たちはあいつらと戦うかもな」


アキラが愛用のナイフを眺めながら言う。


「どういうこと?」


「あっ、おい!」


私は、私より20cm以上大きいアキラから、ジャンプしてナイフを奪う。


そして、自分の指を少しだけ切り、そこから流れる血を舐めた。






< 88/ 188 >