ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

1LDKヤクザ彼氏と秘密の同居生活【完】

第10話:危険なパーティー




俺も散々遊んできたし、相手に困ったことなんてなかったけど……



「おっはよー! 今日もいい天気だね!」



眩しい日差し。目を細めるとラミカがメガネを持ってきてくれた。



「はい」


「サンキュ」



メガネをかけると、満面の笑みを浮かべる俺の彼女。


――そう、彼女がいるのに。一緒に暮らしているのに!



「……欲求不満ってどういうことだよ」


「へ? 何か言った?」


「何でもねぇよ」



本人に悪気がないのが、一番たちが悪い。無理やりなんて絶対に嫌だし。



どうしても俺が帰ってくるのは夜だから、ラミカは先に寝てしまう。


それなら、朝の今なら……



「お天気いいから、お布団干すよ! 聡ちゃん、どいてどいて!」


「いてっ!」



布団の上であぐらをかいていた俺を押し飛ばして、布団をベランダに干すラミカ。



「この部屋、日当たり最高だね。太陽が気持ちいい。よし、次は洗濯物干さなくちゃ。聡ちゃんは顔洗って。コーヒー入れるから」



……朝からせわしない。朝は無理だ。でも、絶対諦めねぇからな?





< 181/ 262 >