ケータイ小説 野いちご

1LDKヤクザ彼氏と秘密の同居生活【完】

第7話:初旅行と新しい弟




「ラミカ、明日旅行に行くぞ」


「へ?」



夏休みに入ったばかりの7月。洗濯物を干しているあたしに聡ちゃんは突然言ってきた。



「どこに行くの?」


「海」


「へぇ。気をつけて行ってきてね!」



ヤクザの世界でも旅行とかあるんだ。社内旅行?社内っていうのもおかしいか。



「……お前も一緒に行くんだよ」


「え? 何で? あたし行ったらお仕事の邪魔じゃん」


「バカ! プライベートだよ! 誰が楽しくて仕事で海なんかに行くかよ!?」



え、え――――!!??



「急すぎるよ。何で早く言わないの?」


「……」



ん?タバコをふかしながら、聡ちゃんは顔を背けた。



「せっかくの夏休みだから、どこかに連れて行ってやりたいけど、そういう計画立てたことねぇし」



あ、あたしのため?



「海が嫌なら違うとこでもいいけど……」


「ううん! 海がいい! 聡ちゃん、ありがとう!」



嬉しい!夏休みに旅行なんて行ったことないよ。何より聡ちゃんの優しさが嬉しかった。





< 121/ 262 >