ケータイ小説 野いちご

涙を星屑にかえて ~守ってやりたい~

◎真夏の夜‥






夏が遣って来た!





俺は、自身の運命も知らぬまま お前との未来だけを思い描いていた…。








< 50/ 100 >