ケータイ小説 野いちご

涙を星屑にかえて ~守ってやりたい~

◎小さな公園




お前の冬休みも、明日で終わる。




何時もは、ミツグが送って行くところだが 俺がお前を送ることにした。








この日から、お前を送るのは俺の役目になった。








< 32/ 100 >