ケータイ小説 野いちご

涙を星屑にかえて ~守ってやりたい~

◎プロローグ


お前に出逢うまで、こんなにも 守ってやりたいと想う奴なんか居なかった。



お互い素直になれず、擦れ違ってばかり…






お前の笑顔は、何処に行った?


お前の涙は、何処に行った?






俺は、もう居ない…



ずっと、側に居てやるつもりだったに…





ごめんな…






いつまでも、見守ってるよ…





あの星空から…








< 1/ 100 >