ケータイ小説 野いちご

君色グラウンド

放課後の教室




「こっちパス!」



「4番走れー!シュートッ!!」






少し低い、そして大きい、男の子達の声。







日だまりの中にいるみたいな、暖かい放課後の教室の窓際。






「次っ!!」







・・・あ、走ってる。















私、長田千胡(ナガタ チコ)の目は





いつも君を






同じクラスの男の子、黒川涼(クロカワ リョウ)君を追っていた。

< 1/ 5 >