ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

一番星のキミに恋するほどに切なくて。《旧版》

*:*star story*:*
destiny



―ガチャガチャッ…キィー…


「…入れ」


「お、お邪魔します…」


あたしは蓮さんの家に、居候させてもらう事になった。


蓮さんに促されるまま中に入ると、物は少なく必要最低限の物しか置いていなかった。


「…わぁ……………」



マンションでワンルームだけど、とても広い。モノトーンで統一されているから、大人の男の部屋って感じだ。


しかも、全てが綺麗に整頓されてる。蓮さんってA型なのかなぁ……。


物が少ないからだとは思うけど、男の人の家ってもっと汚いイメージが…。


「…夢月、いつまでそこにいるつもりだ?」


口を開けたまま、ポカーンとしているあたしを、蓮さんは呆れたように見ている。


また思考に耽っていたみたいだ。それより何より…。










< 12/ 204 >