ケータイ小説 野いちご

赤ちゃんうさぎのお世話~番外編2更新しました★~

★小さな君に伝えるモノ







『………はりゅ…ぱぱ。まま、すき?』









それは突然の問いだった。









男二人きりのお留守番中に、



いつもは自分を《はりゅ》呼ばわりな…あまりにも自分によく似た息子が………しっかり《ぱぱ》なんて言い………



澄んだ切れ長の黒い瞳を真っ直ぐにこちらに向けていた。












「…………あぁ、死ぬほど愛してるよ……。」








時春は……その瞳を真っ直ぐに見つめ返して、そう言った。








「………どーして??」



それは小さな夜兎にとって、まだ深い意味は何もない問いなんだろう…………。



時春はクスリと笑って、きょとんとしている夜兎の頭を撫でた。











「…………いつか、きっと…………おまえにもわかる。」



「………??」













その心に…………たった一人が住み着いたなら………。













愛さずにはいられない……………狂おしいほどの…胸を焦がす、想いが。












「…………おまえは俺の子なんだから………………。」












―――――いつか














見つけ出した…たった一人を…………愛し守れる男になれよ………………?














おまえに伝われば…………嬉しい。















< 40/ 42 >