ケータイ小説 野いちご

放課後図書室

05


いつもの昼食時間。


恵美ちゃんと、えっと……、玲奈ちゃんだったけ?
と一緒にお昼ご飯を食べる。


相変わらず玲奈ちゃんは自分の彼氏の話。


恵美ちゃんは最近別れた彼氏のグチをネチネチ話している。


「ねー、ねー、果歩りんさー、彼氏今までいないって言ってたじゃん?
欲しいと思ったこと無いの?」


玲奈ちゃんが食後にと持ってきていたアロエヨーグルトを食べながら聞いてくる。


ああ。


こっちに話振らないでよ。


「そうなんだって玲奈!
果歩りんも昨日のカラオケ誘ったのに、図書委員がなんたらで断られて」


声、でかい。


声、でかいよ。


既にどこかで昼食食べ終えて、斜め前で机に突っ伏して寝ている早瀬君に聞こえるじゃん。


まあ、本当に寝てたら聞こえてないんだろうけど。

< 55/ 247 >