ケータイ小説 野いちご

27年後の王子様

【傷ついた夜に…】









「…汗、ねぇ。」



電話越しの若菜の声は、まるで困っているようだった。

私はその反応に、つい眉を寄せる。


「重要じゃない?江古田さんと結婚するってことは、汗とも結婚するってことなのよ!」





お風呂上がり、
ソファーに寝転がり天井を仰いだ。


片手に小顔ローラーを持ちコロコロコロコロ、片手には携帯電話。




若菜は苦笑しながら言った。


「でも市役所勤めなんでしょう?印象だって悪くなかったみたいじゃない。」



それを聞いて、私は何も言えなくなってしまう。


「いい?芳乃。
結婚ってのはねぇ、好きとか嫌いとかだけじゃないのよ!
いかに安定した適切な生活が送れるか。子供ができたら、なおさら。」


「…でも、若菜は好きな人と結婚したじゃない。」


「私はデキ婚だもの。
たとえ好きな人と結婚したってねぇ、一緒に生活してくうちに不満だって出てくるのよ。幻滅したり、我慢したり、ね。
結婚なんて忍耐よ。」




経験者は語る、ってやつなんだろうか。


若菜の言葉には妙に説得力があった。







勉強ばかり、仕事ばかりしてきた私。



自分の人生を、
真剣に考えなければならない時がやってきたのかもしれない。










これは27歳、オンナの意地だ。









< 77/ 235 >