ケータイ小説 野いちご

27年後の王子様

【ドラマティックな恋がしたい】











事故にあったようなものだ。





災難、災難。


忘れてしまえ、あんなこと。






私は自分に言い聞かせて、なかったことにしようとした。




大体、男慣れしてないから、
男の一人もいないから……この歳にもなって年下オトコなんかにからかわれたりするんだ。



ビールをゴクゴクと飲み干して、泥酔状態で自分の中の自分と対話する。






あれから、佐倉くんは何事もなかったように振る舞っている。


私が置き去りにした眼鏡だって、翌日にはバックルームにちゃんと置かれていた。





……ムカつく。



これじゃ私だけが気にしてるみたいだ。

……あんなキス、しておいて。








< 50/ 235 >