ケータイ小説 野いちご

27年後の王子様

【男たち、女たち】









「芳乃さん!聞いてます?」


「え!?」



私を見つめる佐倉くんの顔が、とんでもなく至近距離にあった。


「きゃあぁぁっ!!」


「えーっ!きゃあって…人を痴漢みたいに…。」


佐倉くんは大袈裟に肩を竦めてみせる。



「だ、だって…。」


こっちだって、びっくりしすぎて口から心臓が飛んでくかと思った。




「どうしたんですか?ボーッとして。」


「え…私、ボーッとしてた?」



佐倉くんは私をまじまじと見つめて、溜め息を吐く。


「芳乃さん、東京から戻ってから可笑しいですよ。」


「(ギクリ)」


「連絡だって全然くれなかったし。」


「……忙しくて。」


「…そんなに放置されたら、俺だって心折れますよ。」




その言葉がチクリと胸に刺さる。






< 174/ 235 >