ケータイ小説 野いちご

【完】Lost voice‐ツタエタイ オモイ‐

第1楽章‐奇跡へのプレリュード‐
♪ 声を失った少女






柚姫ちゃんがせっせと掃除をしているのを眺めながら、俺は紅茶を啜った。




どことなく楽しそうに見える柚姫ちゃんに、思わず笑みがこぼれた。




声がでないという、人よりもハンディがある状況で、どうしてここまで気丈でいられるのだろう。




―――俺とは、大違いだ。






その時、ふと携帯が鳴った。




ディスプレイを確認すると、“佐倉 愁生”の文字。



何事だろうと、ボタンを押して電話に出る。





「俺だけど。どうかした?」




『あ。アキ?あのさ、今日の練習早めに始めねぇ?いまどこにいる?』




「いいけど。今、リコールにいる。」




『早っ!なんでもういんだよ。』




「まぁ、ワケアリ?でさ、今日お客さんいるから。」




『客?まさか、新しいボーカル見つけてきたか?』




「いや?ただの友達?」



『なんだよ。じゃ、なんだよそいつ』




「口実付けて連れ回してる女子高生。」




『はぁぁっ!?』











< 42/ 450 >