ケータイ小説 野いちご

【完】Lost voice‐ツタエタイ オモイ‐

序 章‐失ったエレジー‐








―――今から、3年前。





あたしたちが中学二年生の、ある夏の日のことだった。














「ね、アキちゃんはさ、どう思う?」




「んー、あたしは好きだよ、この歌詞。」






下校途中、あたしの隣を歩く親友はそう答えた。





「ほんとっ?よかったぁ、自信なかったんだけど…。」





親友の宮寐 瑛(ミヤビ アキラ)――アキちゃんはフンフンと鼻歌混じりに、あたしが渡した紙を面白そうに見ている。




あたしが渡したのは、昨日あたしが徹夜して考えた新曲の歌詞だった。




あたしはメロディを考えるのは好きでも、歌詞を付けるのはどうも苦手だった。


だから、こうしてメンバーのアキちゃんに見てもらっている。





あたしとアキちゃんは、他の二人を含めた4人でバンドを組んでいた。




他の二人には他に夢があったから、あたしとアキちゃんの二人でいつかデビューしようって、いつも言ってた。





そしてあたしも、いつかは二人で歌手デビューするんだって思ってた。






大人になっても音楽を続けて、いつまでも親友だって。





本当に心から、そう信じて疑わなかった…―――。










< 1/ 450 >