ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ね、先生。

失恋

 
「葵、お前いつまで部活に来ないんだよっ?」


相変わらず、渡部先生はしつこかった。


「もう行く気無いんでしょ?やめれば?」


里美も相変わらず、あっさりしてた。


「ってか、なんで先生がまた隣で食べてんの・・・?」

「何だよ、オレが居たらメシが不味くなるとでも言うのかっ?」

「葵がテニス部辞めないからだよー。」

「えー、私のせいっ?!
 あ、先生。その通り!不味くなる~。」

  ペシッ!!

「イッタァァ~~!!暴力教師!!」


あの食堂で会って以来、私と里美と先生は食堂で3人で食事をするようになってた。



「ってか、先生!その呼び捨ていい加減・・・」


私の話してる途中で、放送が入る。


 "渡部先生、渡部先生。
  お電話が入っています。
  至急職員室まで~・・・"


「あ、オレじゃん。」


先生は慌てるように、水を飲んだ。


「ごめん、コレ葵下げといて。」

「はっ?何で私?!」

「ぷっ。指名されてるー。」

そして、先生は慌てるように食堂を出て行った。

< 52/ 278 >