ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ね、先生。

部活

今日の午後の授業は、部活紹介の時間へと変更になってた。

私たち1年をはじめ、全校生徒が体育館に集まり、各部活の紹介を見てから各部室、教室へと移動する。



「只今より、部活紹介を始めます~。」

生徒会らしき人のアナウンスで部活紹介が始まる。



体育館での並びも、出席番号順だった。



部活紹介の途中、


「ね、葵はどの部か決めてるの?」


里美が振り返って話しかけてくる。


「いや、、。
 中学の時バレー部だったんだけど、高校にしかない部にも入りたくって・・・。」


そんな話をしてる時だった。



「次はテニス部、お願いします!」


アナウンスと共に聞こえてくる、ボールを弾く音。

音の方へと視線を向けると、肌の小麦色に焼けた男子生徒が見える。

その人は、

しなやかな動きでラケットをボール目掛けて振り、狙いを定めた所へとボールを運ぶ。


何度かラリーをした後に、ボールを上手に操り自分の手の中へと収める。

そして、

ラケットとマイクを入れ替え、


「テニス部の部長をやってる、真鍋といいますっ!
 初心者でも、一から教えますんで、是非テニス部へ遊びに来てみてください!」


「・・・わぁ・・。」


一目惚れってこういう事なんだろうって、思った。全然知らない人なのに、ただ『好きだ』と感じた。

そして、

もっとあの先輩の事を知りたくなった。。。

< 10/ 278 >