ケータイ小説 野いちご

愛し過ぎたから

知人





僕の熱い視線に気づいてよ


こんなにもキミだけを見てるのに


なんで気づいてくれないの?






< 32/ 146 >