ケータイ小説 野いちご

シスコン兄貴と俺の日常。



眠い。
現在時刻、5時。
あと一時間は寝てる時間がある。

だから、



「美雨は寝顔も可愛いなぁー…
…あ、寝てる間にキスしちゃったりとかしても」
「いい訳ねぇだろ黙れクソ兄貴」


誰かこの枕元で一人言言ってやがる男を黙らせてくれ。
煩くて寝れない。
つか、こいつのせいで目が覚めた。

< 1/ 59 >