ケータイ小説 野いちご

罪血

さぁ、狩りの始まりだ
02.私の仕事



コツン、コツン、コツン、コツン、

一定の間隔で鳴る、ヒールの音。

コツン、コツン、コツン、コツン、

それは、薄暗い廊下に響き、普段よりも大きく聞こえる。

コツン、コツン、コツン、コツン、

唯一の光源は、窓から射し込む太陽光のみ。

コツン、コツン、コツン、コツン、

その音は、
<総領室>
と筆で書かれた、木製の大きな扉の前で、

――――――――コツン

止まった。

キィィィィイ

< 6/ 84 >