ケータイ小説 野いちご

心から愛して。

‐1‐
・泣き顔*陸久サイド

女の泣き顔なんて、どっちかっていうと嫌いだった。

泣かれると困るし、どうしていいか分かんねぇから…。



でもあいつの…。

千春の泣き顔はそうは思わなかったんだ。



自分で自分が分かんなかった。

女が泣いてるのを心配するなんて…。

しかも今、千春の腕を掴んで引き止めたり。






< 42/ 433 >