ケータイ小説 野いちご

心から愛して。

‐3‐
・ドキドキするのは恋の証拠

「千春ちゃん、何かあった?」

「えっ…」

「昨日も電話出なかったし、今も何か元気ないなって思ったからさ…」


今はバイト中。

優子さんがあたしの顔を見ながら、そう言ってきた。

何かあったっていうか…。

少し考えごとしてただけ。






< 160/ 433 >