ケータイ小説 野いちご

余命一カ月の僕

余命1時間

楽しい時間は長くは続かない。

シャボン玉がはじけるように
僕と春香の二人だけのひと時は


終わりを告げる。


「君たち!そこで何をやっているんだ?」

まぶしい懐中電灯の光が
僕たちを照らす。

警官が一人
しかめっつらをして立っている。

春香の姿を見た警官は
顔色を変え

急いで応援をよぶ。

「橋の下で被疑者を発見!

至急応援頼みます!」

そう無線に向ってどなる警官。

< 149/ 231 >