ケータイ小説 野いちご

余命一カ月の僕

余命28日

がんじがらめに縛られたお姫様に
あって以来

僕の心は
ぐちゃぐちゃになってしまった。

何をしても
ご飯を食べてても
お風呂に入っても
トイレに入っても

考えるのは
春香のことばかり。

< 104/ 231 >