ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

うぬぼれ†princess†

変..?

朝礼で先生が来たから、みんな席に座った。

もちろん彼、結太くんも。

先生が新学期について話してる間、彼はずっとそわそわしてる。
そんなにあたしの隣が嬉しいのかしら。

朝礼が終わってから、あたしは聞いてみた。

「落ち着かないみたいだけど、大丈夫?」
「ぜっ、全然大丈夫ですっ!気にしないでください!!」

彼は相変わらず、そわそわしてる。
そういえば、他の男のコと話してる時と感覚が違う。
他の男のコならきっと、あたしの事をチヤホヤしてくれるはず。
結太くんって、感覚が変なのかしら・・・?


その日、あたしは結太くんの反応が気になって仕方がなかった。



< 5/ 5 >