ケータイ小説 野いちご

小さな獣

男なんだよ




俺の名前は

早川 剛。



めっちゃ
不機嫌なう。


それには理由がある。


毎日、

彼女の理沙子が、

俺の隣で


誘惑されているからだ。



「りさこー」

「んーなに?」

「今度一緒に映画観に行こうや」

「また今度ねーっ」



俺は聞こえない振りをするけど


やっぱおかしくないか?


彼氏は俺だぞ?


なんだかなぁ…






< 1/ 7 >