ケータイ小説 野いちご

◆ツンデレ彼氏?!◇

一目惚れ




あたしの好きな人は…
ちょっとツンデレ。



「零先輩!あたし零先輩が好きですっ」


「あっそ」



また流された…

これで何回心が折れそうになったことか…


ってかこれ何回目の告白だろう?



零先輩はあたしのほうをみると、「もう聞き飽きた」といってまた背中を向けて歩きだした。





…はあぁぁぁぁぁぁ?!


聞き飽きたぁぁぁ?!


人の告白を何だと思ってるのよ!?



「いい加減さ、諦めたら?」



いくらなんでも、ここまで言われたら泣きたくなる


涙腺が緩んで目がウルウルしてきた





< 1/ 49 >