ケータイ小説 野いちご

[企]*white valentine*

5:二度目の偶然



その日以降もやっぱり蓮さんは現れなくて、結局感想が言えないままバレンタインの日になった。



夕方になった店内はいつもよりカップルが多い。

女の子一人のお客さんは携帯電話を確認しては外を見て、愛しい誰かを待っている様子。


「皆、バレンタインって盛り上がるんだね」


平日で仕事を終えて来ている人もいるだろうけれど、一切慌ただしさを感じさせないお客さんの顔。

そして皆、どこか嬉しそう。


「この中に気持ちを伝える人もいるのかなー……」


隣にいるチサにボソリと呟くと、チサは言葉に詰まり咳払いをした。


「……どうしたの、チサ?」

「あの……私も、気持ち伝えようとしてるうちの一人なんだけど……」

「……へ?」

「こ、この前の合コンで知り合った……」


年明け、私がレジ締め任されたときに行った合コン!?



< 42/ 56 >