ケータイ小説 野いちご

Love*happening

秋風が吹き始めた頃



朝、登校中にきんもくせいの匂いがする


今年も秋が来たんだと
想わせる9月のある朝のことでした――――

< 1/ 5 >