ケータイ小説 野いちご

Love・Crisis 芸能人×女子高生

お節介














教室には、既に稚世や水陽、そして志島君が談笑していた。


……そういや、九条の告白のせいでそれどころじゃなかったんだけど。



―――『いやなおもいで、ちょっとおもいだしちゃってさ。』


あの言葉は、志島君は……?


明らかに尋常じゃなかった、よね。


見た感じだと、今も普通なんだけど……。


(……あれは、思い出っていうよりは………)



何かに私を、重ねてた……?







< 103/ 186 >