ケータイ小説 野いちご

占い師は恋の予感!?

【魔法の館】

★葉月side★

 あたしの通ってる高校では、ある話題でもちきりだった。


「ねえ!アレ、行った?」

「行ったよ~!すごい行列だったぁー」

「アレ、超当たるんでしょ?」


 そう。みんなが言ってる“アレ”とは、【魔法の館】っていう占いのお店。

 占い=信じない!って人が多いみたいだけど、実際本当にあたってるんだよね・・・・・・。


「葉月おはよ♪昨日もだったんでしょ?」

 そう言ってるのは、谷川 優梨(たにかわ ゆうり)。小・中学校が一緒の、あたしの親友。

「ん。昨日もっていうか、土曜日と日曜日は絶対だって」

「そーなんだっ。“魔女”も疲れるねぇ」

 クスクス笑って言う優梨。

「ちょっ!声大きいっ!」

「ごめんごめん!“魔女”は秘密だもんねー?」

「うん」

 優梨が言う“魔女”とは、【魔法の館】の占い師であり、あたしのことでもある。

 あたしは、土曜日と日曜日の夜にお店へ行って、占い師をしている。 

 あたしのお母さんが占い師だったせいか、あたしは小さい頃から占いを覚えさせられた。

 今は、お母さんの経営している【魔法の館】で新米占い師として修業している。

 まぁ、バイトみたいなものなんだけどね。


< 1/ 15 >