ケータイ小説 野いちご

イケメン医師と危険な生活!!

ドキドキ病室
退院





「元気ないけど、何かあったのか?」

「いや…なんでもない」


先生が俯くあたしを覗く。


「退院、嬉しくないとか?」

「う…っ」

「え?まじ?」


そう、あたしはあと3日で退院しちゃうのだ。のだのだ。

退院は嬉しい。学校にも行けるし、注射もしなくていいし。

でも…


「だって…」




< 54/ 67 >