ケータイ小説 野いちご

イケメン医師と危険な生活!!

ドキドキ病室
幼なじみ




あたしは、ベッドから下りて、病室を出た。


「待て!陸!」


ゆっくり歩いてる、見覚えのある後ろ姿に叫ぶ。


「邪魔したのは悪かったって!だから許して!」


そいつは振り返ると、そう叫んだ。


「そーじゃなくて…!」

「じゃあ何だよ!?」


何よ!なんで陸がキレてんの!?



< 13/ 67 >