ケータイ小説 野いちご

愛してるよ、バイバイ。

*同居*





日が経つのははやく あっという間に 約束の金曜日になっていた。






相手の娘が家にくるのは夕方の6時。







布団もカーテンも洗ったし、勉強机も綺麗にして、本棚も用意したし……大丈夫だよね?






朝から部屋の最終チェックやリビングの掃除とかをしていたら あっという間に6時になりそうになっていた。






――ピーンポーン―…




来た!

















< 4/ 221 >