ケータイ小説 野いちご

たった1人のお母さん。

お母さんの様態。



 放課後いつもをどをりに部活を
 していると担任の先生が呼びに
 来た。

 「お父さんが迎えに来たから、
 今日は帰りなさい。」

 準備して父親のを元へ忙いで
 一緒に一旦家に帰ったよ…?

 父親がわたしに
 「お母さんが少し元気が無いか
 ら病院にお見舞い行こうか…?
 杏太が帰って来て行こう」

 そを言って弟が帰って来たので
 病院に3人でお見舞いに…。

 この日が悪夢に変わるなんて
 私は想像が付かなかった。





< 5/ 23 >