ケータイ小説 野いちご

強引男子と甘い時間

確信


家に着いてからも
頭の中は五十嵐くん一色。

五十嵐くんの考えてることわからないよ…

好きなんて言われてないし…

わたしも好きじゃないし…

でもあのとき…もっとしてほしかったって思ったのはなんで?

……




好き…なのかな?



< 35/ 42 >