ケータイ小説 野いちご

イイコトでもしようか。

part2.オトナリノヒト
┗オトナリには君




――こんなに学校に行きたくないのはひさしぶりだ。




「気まずい……!!」




どどどどうしよう、玄関でたら誓がいる!!

今日は叶ちゃんは彼女さんと登校らしい!!

よかったね!!




「……ぜんぜん、悲しくないや」




あたし、叶ちゃんのこと考えても、かなしくなくなってる。



むしろお幸せに、とか思ってる。



それより、あたしの頭のなかを占領してるのは……




――『芽生ちゃん、好きだよ』



「きゃあああああ!!!」




……誓の、告白だ。




< 130/ 155 >