ケータイ小説 野いちご

秘密なお菓子作り~美和’s cafe へようこそ~

スポンジケーキ
大切なあなたへ

今日は龍矢の誕生日。


「えっと、薄力粉と砂糖と卵、生クリーム、苺」


龍矢はまだ仕事中。


その間にケーキを作っちゃおうと、キッチンで準備を始めた。


「さて、始めましょうか」


まずはオーブンの予熱を始めて、材料をきちんと量る。


「苺のヘタも取って」


苺のヘタを取って、中に挟むものは薄くスライスする。


「卵を卵黄と卵白に分けて」


卵黄の入ったボールと、卵白の入ったボールに、材料の半分ずつの砂糖を加える。


「薄力粉を振るって」


えっと、これで大丈夫かな?


早速作り始めようとしたそのとき。


「美和」


急に聞こえた声に振り向くと、キッチンに龍矢の姿があった。

< 2/ 31 >