ケータイ小説 野いちご

愛羅武勇×総長様 Ⅱ

「ホストかと思ったよ。」


結局、新学期初日の始業式には、斎藤君も安田君も帰ってこなかった。

あたしたち6人はというと、担任からの説教を受けてしまった。

誰も聞いてなかったが。


そして、新学期が始まって、1週間が過ぎた。

今日は週末で、日曜日。

にも関わらず、あたしの緊張は最大限にまで達している。

時計を見て、家を出る。

大ちゃんとの待ち合わせ場所に行くために。


「い、行ってきまーす…」

「行ってらっしゃい、気をつけてね。」

お母さんは笑顔で見送ってくれたが、あたしは笑顔にはなれない。


駅前で待ち合わせをしているから、少しだけ早めに出た。普段通りにしようと思っても、いつもより早歩きになってしまう。

「あぁー…緊張するっ」

誰もいないのに、呟いてしまった。

…どうしてあたしがこんなに緊張してるの。


1人で考え事をしながら、数十分歩き続けると、駅が見えてきた。

待ち合わせ場所を見ると、まだ大ちゃんは来てないみたいだ。

でも、人はいる。

近付いてみると、ホストみたいな格好をした人だった。


< 90/ 138 >