ケータイ小説 野いちご

愛羅武勇×総長様 Ⅱ

「俺重症かな!?」
「うわ…誰あれ」


-美憂side-

「大ちゃんおはよーっ」

「朝からテンション高ぇな…」

勢いよく言うと、大ちゃんは呆れた顔をした。


「えー…だって学校久しぶりじゃん。柚ちゃんに会うのも久しぶりだし」

今日から新学期がスタートする。

大ちゃんに会うのも約1週間ぶりぐらいだから嬉しいし!

テンションが高くなるのも無理はないでしょ!


「あれ、今日バイクは?」

「傷が完治するまで乗るなって言われた。」

「誰に?」

「親父。」

そう言うと、あたしの手を掴んで歩き出した。

「バイクが良かった?」

「んーん、あたし歩きの方が好きだから。」

「ならいいけど。」


大ちゃんの方を見ると、眠たそうに欠伸をしている。そんな中。あたしは大ちゃんの耳に注目してしまった。


「あ……」

「何だよ。」

「大ちゃんピアスつけてる!」

大ちゃんの左側にいるあたしから、ちょうど左耳が見えた。


< 78/ 138 >