ケータイ小説 野いちご

愛羅武勇×総長様 Ⅱ

「俺重症かな!?」
「あいつバカだろ。」


ー遼sideー


「じゃあなー」

「うんっ、2人ともバイバーイ!」

大きく手を振りながら、見送ってくれる美憂。

病室から美憂の家が近かったこともあり、数十分ぐらいで到着。

「どうする?遼、俺ん家来る?」

「このあと何もねぇし、行くわ。どうせお前も暇なんだろ?」

「当然。」

余裕綽々で喋りながら、バイクを走らせる槙。

そのまま槙の家まで直行。




「うっわー、槙の家久しぶりだなー。おばさん元気?」

バイクを駐輪場に停めて、槙に話し掛けた。

「おう、異常なくらい元気。…つーかさー……」

目を細めながら、前方を見つめて顔をしかめた。


「何だよ?」

「…………あれ。」

槙の指さす方を見ると、何人かの小学生が、何かを投げ合っている。


それに混じって、赤髪の男がいる。

明らかに小学生じゃねぇ。


「あれって………」

「「……光紀だよな。」」



< 63/ 138 >