ケータイ小説 野いちご

愛羅武勇×総長様 Ⅱ

「俺重症かな!?」


「あ、そうそう。光紀は留年みたいだぞ」

「え?」

海斗が口を開いたかと思えば、とんでもないことを言い始めた。

「当たり前だろ。一週間に1回来るか来ねぇか分かんねぇやつだぜ?」

平然とした様子でそう言った槙。


「光紀って?」

「あぁ、言ってなかったっけ?大智の双子の弟。」

珍しく、遼が恋汰の問いに真面目に答えた。

「あぁ、斉藤か。」

風磨は知ってたみたいだ。

「何で風磨知ってんだよ?」

「斉藤光紀って結構有名じゃん。色んな意味で。」

確かに…

「ふーん…」

「で、光紀が留年っつーことは……」

「良かったな、大智。あいつ多分来年も留年だぜ?(笑)」

「だろうな。」

光紀が留年することに何のメリットがあるんだろ…?


―ガラガラ…


「わっ……いっぱい来てますね。…あ、神岡さん。明日検査しますので、そのときに異常がなければ明日のうちに帰れますから。」

それだけ言って、看護士さんは出て行った。


『早くね?』

遼、槙、風磨、恋汰、海斗が一斉にそう言った。

「退院しても大丈夫そうだからかな?」

「そうだろ。こんなに早い回復は初めて見たって言われたし。」

それにしても早すぎるでしょー…

入院してまだ2日目なのに。


< 57/ 138 >